2020オリンピックボランティア向きおもてなし英語を学ぶ!! 

2020ボランティア

応募までにはもう少し時間があります。現在の実力に自信のない人は、早めにレベルアップにとりくみましょう。

今無料50分体験レッスン。

 

必要ものはSkype名のみ

 

スタジアムやエンブレムで何かとネガティブな話題が先行しがちな東京オリンピックですが、批判に時間やエネルギーを消耗するくらいなら、それらを少しでもポジティブな方向に使っていくべきじゃないかと思います。

折角のお祭りです。それも特大の。一緒に盛り上げていきましょう。

ということで、東京オリンピックにボランティアとして参加するための英語力の目安をまとめると、

  • 一般業務→TOEIC 500点
  • 通訳、案内業務→TOEIC 840点

といったところになるでしょう。

応募までにはもう少し時間があります。現在の実力に自信のない人は、早めにレベルアップにとりくみましょう。

オリンピックでは、たくさんのボランティアが必要とされます。 オリンピックのボランティアは、1948年のロンドン大会で導入されて以来、すべてのオリンピック・パラリンピックにて募集されています。 毎回、4年位前になると募集が開始されており、今のところ、2018年夏ごろより募集要項が発表される予定となっているようです。 (「東京都オリンピック・パラリンピック準備局」ホームページによる発表 http://www.2020games.metro.tokyo.jp/inquiry/faq/index.html) オリンピックボランティアってやってみたい!という人は結構多いのです。 日本では、東日本大震災でのボランティアの大活躍などを通じて、ボランティア活動そのものが広がりを見せています。そんな背景も含めると沢山の人が応募者することが予想されるのは明白です。 2012年に行われたロンドンオリンピックでは、定員7万人に対して24万人もの応募がありました。倍率3.4倍なので、なかなかの狭き門ですね。 ちなみに、企業が東京に住む1000人に独自調査したデータでは、約250人が東京オリンピックボランティアに参加したいと答えています。平成26年1月1日現在の東京都の人口は、13,294,039人なので、驚異的な倍率となるかもしれません。 選手や関係者は、オリンピックに出場するために既に照準を定めてトレーニングを行っています。オリンピックボランティアをやりたい方も、今から準備をはじめても丁度いい位かもしれません。 英語や語学の勉強を進めたり、情報収集など、出来る事から始めてみるとよいでしょう。